2016年9月21日

 日本の近現代史についてなにか学べるだろうと思い、この前、靖国神社を見てきた。右翼風の人たち、外国人の方々、若い女性に、小さなお子さんを連れた保護者の方々、そのほか、様々な人がいた。
 広辞苑で参拝という言葉を調べると、社寺に参って神仏を拝むこと、とあるから、その定義だと、私は参拝客ではないのかもしれない。


(※ 行山流舞川鹿子躍)


 二拝二拍手一拝──拝殿で手を合わせる参拝客から離れて遊就館を見学。


 館内は広くて展示品ひとつひとつの解説文を読んでいると、私の見学時間では足りないことに気づいた。

(※ 玄関ホールに展示された零式艦上戦闘機 52型)

 機会があれば、また見学したい。




Home    Writing    Blog    Author

© 2014 Nao Kamijo

Powered by Blogger.
Made by Raygun, powered by Blogger. Converted by Smashing Blogger for LiteThemes.com.